リプロスキン ジェルクリーム

リプロスキン ジェルクリームに含まれる「幹細胞」ってどういうもの?
幹細胞エキスが有名になったのは、18世紀中頃にスイスで品種改良されて生まれた「ウトビラースパトラウバー」というリンゴが由来。
なんとこのリンゴは収穫して4ヶ月おいていたにもかかわらず、収穫時のツヤを維持して「奇跡のリンゴ」と呼ばれました。
その奇跡を起こしたのが、幹細胞がもたらす保湿効果だったのです。

 

リプロスキン ジェルクリームに含まれるのは、4種類の幹細胞エキス!
リプロスキン ジェルクリームには「奇跡のリンゴ」を実現した幹細胞の保湿効果を再現するために、4種類の植物由来の幹細胞エキスを配合されています。
ひとつにはリンゴ果実培養細胞エキス。希少種の「腐らないリンゴ」から抽出します。
つぎに、ブドウ果実細胞エキス。
特に紫外線からの耐性の強い品種を選び、その幹細胞を培養してエキスを取り出しました。
3つめの植物は、アルガンツリー幹細胞エキス。
この樹木は「鉄の木」と呼ばれ、雨がほとんど降らないモロッコ南西部の砂漠地帯に分布する特別な樹木なのですが、なんと数年間雨が降らない状態でも生命を維持できるという性質を持っています。
4つ目の植物は、アルペンローゼ。
スイスのアルプス地方において昔から民間治療薬として利用されてきた薬用高山植物です。
これら幹細胞エキスを中心に、美しさを引き出す香りを持つと言われるフランキンセンスや、ヒメフウロエキス、シラノールなどを配合。
これらの総合効果で、あなたのお肌を今までに感じたことのない新感覚のぷるん肌へと変貌させます。
初めてリプロスキン ジェルクリームに触れた方は、そのとろとろでありながらもぷるんとしたジェルの魅力を直に感じることができるでしょう。

 

このリプロスキンの新感触の「うるおい記憶」ジェルクリームの幹細胞の力を借りて、ついゆい人に見て貰いたくなるような美しいお肌を手に入れるためのケアをしたい方は、是非一度試してみていただきたいです。きっとその魅力を感じてもらうことができると思います。

 

リプロスキン ジェルクリーム

 

リプロスキン ジェルクリーム

ニキビの総合的なケアを含め、肌本来の美しさを導くのが、リプロスキン ジェルクリーム。ニキビ対策化粧水の決定版として人気が高いリプロスキンシリーズのジェルクリームは、アルガンツリー、リンゴ、アルペンローゼ、ブドウの4種類の幹細胞エキスの力であなたのお肌を感動のぷるん肌に変えてくれます。