自己流はだめ?!ニキビケアの正しい洗顔方法と注意点

 

基本的に、洗顔は『やさしい力で肌を撫でるようにすること』が大切です。

 

ニキビをなくしたいからとゴシゴシこすってしまっては、さらに症状を悪化させてしまいかねません。

 

特に、炎症を起こしている赤ニキビは、刺激によって炎症が悪化して痛みに繋がることもあるといいますから、とにかくやさしくこすらずを心がけてください。

 

1.手を清潔にして素洗いする

 

よく、ニキビは手で触らないほうが良いといわれおり、その理由の一つに手についた雑菌の繁殖による悪化があります。

 

洗顔する際にも、必ず先に石鹸で手を洗って、清潔な状態にしてください。

 

2.汗やホコリを落とす

 

そこから、水を数回パシャパシャと顔に当てていきます。

 

いきなり洗顔フォームを使うのではなく、先に水でゆすぐのですね。

 

これは、毛穴を開かせる目的と、汗やホコリなど軽い汚れを落とす効果もあります。

 

水の温度としては、『34度〜35度』が好ましく、それ以下は毛穴を塞ぐことから汚れが落ちなくなり、それ以上は肌に必要な潤いや肌を守る皮脂まで落ちるといいます。

 

3.十分な泡で洗顔する

 

フォームは、泡立てネットでよく泡立てることがポイントです。

 

泡立ちが不足している場合は、指でこする摩擦がダイレクトに肌に伝わって、刺激がニキビにつながりやすいといいます。

 

泡立てネットでていねいに泡を立て、その泡をそっとあてながら。ころがすようにクルクルと洗顔すると気持ち良いですよ。

 

洗う順番は特に決まっていませんが、自分の顔のパーツの中で『皮脂が気になる場所から泡を置いてスタート』させた方が、泡が残る時間が長いことから、皮脂の吸着に繋がって落ちやすくなるようです。

 

4.キレイにすすぐ

 

『34度〜35度のぬるま湯』で泡をすすいでいきます。

 

毛穴に洗顔料が残らないように、少なくとも15回とある程度の回数を重ねてください。

 

特に、油分の入っている洗顔料の場合は、毛穴残りがあると、アクネ菌の繁殖によってニキビにつながりやすいといいますので、入念に行いましょう。

 

5.タオルで水気をふき取る

 

タオルを肌にやさしく押さえて、水気をふき取ってください。

 

肌の刺激にならないように、ごわごわのタオルやゴシゴシ拭くことだけは避けましょう。

 

洗顔は1日2回が理想で朝は水洗顔

 

基本的に、『朝・晩の2回』の洗顔が理想です。

 

理由は、これ以下の回数の洗顔は、皮脂汚れ等が肌に残ったままになることでニキビを生みやすく、これ以上の回数は、洗いすぎによって必要な皮脂まで落ちることで、不足分を補うために肌が過剰な皮脂分泌を行わせて、ニキビの原因になると言われているからです。

 

また、朝は洗顔フォームを使わずに『水だけの洗顔』が好ましいです。

 

というのも、朝は皮脂汚れがそこまで蓄積していないと言われているため、洗顔フォームを使うことで、必要な皮脂まで落ちてニキビに繋がる可能性があるためです。

 

ただし、脂性肌(オイリー肌)の方は朝でも洗顔フォームを使用してもよいようです。

 

脂性肌の方は、皮脂が分泌しやすく、毛穴に皮脂が詰まったり、アクネ菌のエサになることで、ニキビの悪化に繋がりますから、朝から洗顔フォームを使った方が良いと言えます。